なんにもかんがえてないの。

テーマはまだない。

デブに甘えと甘い食べ物は禁物。ダイエットレポート 21日目-

21日目 11/6 タバタ式トレーニング5日目(4回目) 目標体重+5.0kg

腹が立ったので怒りに任せてやろうと思いましたが、
しんどすぎてやり始めたら何もかも忘れられるので
ストレス解消としてもおすすめのタバタ式。

f:id:neergius:20171107172416j:plain

今日も20秒マウンテンクライマー+10秒レストを8セット

1回目 マウンテンクライマー32回

2回目 30回

6回目7回目が特にしんどい。28回。

8回目 30回

30回やったらいいやと思って1秒残ってるのにあと一歩が出なかった、
というのが何度かあった。

デブに甘えと甘い食べ物は禁物である。

と思いつつもスクワット、プランク、膝つき腕立てを軽くやって終わり。

 

22日目 11/7 タバタ式トレーニング6日目(5回目) 目標体重+5.1kg

置き換えダイエットをする

夕食後しばらくしてから甘いものが食べたくなってくる時間。
お菓子を食べる代わりにタバタ式トレーニングをすると、
もう食べる気力なんてないし、欲しいとすら思わないし
こんなに苦しい思いをしたのにお菓子でチャラにしたくない、
という考えも働くのでダイエットに最適です。

なんとか食べることを我慢せずに痩せようと思っていましたが
タバタ式トレーニングは直接脂肪燃焼の効果はないようなので
結局は食べる量を調節することに。

食べる量を減らすと、減量後に食べる量を戻すとまた太るので
ダイエットとは体重を減らすことよりも、
必要量食べてもすぐに太らない体質にすることと、
必要以上に食べなくても精神が安定するようになること、が本質な気がしてます。

 

23日目 11/8 タバタ式トレーニング7日目(6回目) 目標体重+4.5kg

もちろん今日も20秒マウンテンクライマー+10秒レストを8セット

1回目 マウンテンクライマー38回
あと忘れましたが少なくても30回くらいかな?

20秒最後までやりきるように心がけましたがやはりすごくしんどい!
途中で何度も止まりかけながらもなんとかやりきりました。

あとプランクや机腕立て伏せなどをやって、夕食少なめで早めに就寝。

 

24日目 11/9 タバタ式トレーニング8日目(休み) 目標体重+4.4kg

正直もうタバタ式やりたくない。前日のタバタがそれくらいしんどかったです。

食べる量を減らして痩せる方が簡単だと思いました。

机腕立てを30回だけやって終わり。

 

25日目 11/10 タバタ式トレーニング9日目(7回目) 目標体重+4.5kg

昨日は1日休みましたが、20秒マウンテンクライマー+10秒レストを8セット
連日やるより辛さがなく回数もこなせて、終わったあとの疲労感も良い。

スクワット、プランク、サイドプランクをやって終わり。

 

26日目 11/11 タバタ式トレーニング10日目(休み) 目標体重+4.3kg

スクワットを沢山やると腰が痛くなるので、整骨院に行きました。
歪みがあるまま筋トレすることによって体を痛めてしまうかもしれないと思ったので、
骨盤などに問題がないか見てもらおうと思いまして。

で、写真を撮って歪み解析システムを使って診てもらいました。

f:id:neergius:20171112225512j:plain
姿勢に関しては「フラットバック」という、背骨のS字がやや真っ直ぐ気味とのこと。これはDNAでそうなっている部分もあるとか。
それよりも反り腰になっているのは腰痛の原因になるので、
筋トレによって骨盤を正しく支えられるようにしましょう、と言われました。


f:id:neergius:20171112225522j:plain
体の歪みから分析された、足りない筋肉はどこなのか、という図です。(青いところ)
お尻とお腹の筋肉がゆるいので、骨盤を前後正しい位置で支えられず反り腰になっているということですね。
その結果を見て、筋肉を鍛えるプログラムを提案してもらいました。

・膝つきプッシュアップ(腕立て伏せ)
・クランチ
・スロースクワット(3秒かけて腰を落とし、1秒待って、3秒かけて戻す)
を各10回×3セット。

クランチははじめてやりました。意識してしっかりやるほどキツいです。

で問題の腰痛は、もしかしたら筋肉痛かもしれないので様子を見てくださいとのこと。
腹筋や太ももの筋肉痛は分かりやすいですが、
腰場合は筋肉痛なのか腰痛なのか判断付きにくいようです。

 

27日目 11/12 タバタ式トレーニング11日目(休み) 目標体重+4.0kg

・膝つきプッシュアップ
・クランチ
・スロースクワット
を各10回×3セット。
と前日言われた通りにやりました。

 

f:id:neergius:20171112231456p:plain
さて、ここでダイエット1日目からの体重の変化を振り返ります。
1日目は目標体重+4.6kg頂点が+6.8kgでここまでが黄体ホルモンの多い期間でした。
黄体ホルモンの減少と同時にタバタ式トレーニングをはじめて、
本日で目標体重+4.0kg。
なんと1日目から0.6kgしか落ちていないという結果に。

今週1週間では-1.4kg減でした。

では、また1週間後に更新します。

ダイエットレポート 17日目-

17日目にしてさっぱり結果が出ていません。

1日目:目標体重+5.7kg
16日目:目標体重+6.8kg
体重もこの通りですが見た目もひどいです。特にお腹…。

1ヶ月周期のうち黄体ホルモンの増える期間があり
経験上その2週間ほどはどうやっても体重は減りません。

痩せた後のことはともかく、絶対に痩せる糖質制限でも体重が減らない時期です。
(愚かなことにやったことがある。案の定すぐに元通りになった。)

そのやせにくい期間が終了し、これから2週間ほどは痩せやすい期間に入るので頑張り時です。

17日目 11/2 タバタ式トレーニングをやってみる

毎日筋トレはやっていますが脂肪燃焼に不可欠だと言われている有酸素運動はやっていません。

そこでタバタ式トレーニングで効率的にカロリー消費と筋トレを行うことにしました。

高強度の運動を20秒おこなって10秒休むを8セット=合計4分
1時間のジョギングと同程度のカロリーを消費できる、というもの。
ただし死ぬほどしんどい、というもの。

マウンテンクライマーでやってみる

お家でできる運動として、マウンテンクライマーでタバタ式トレーニングをやることにしました。

限界まで力を出しながらやるということで、まずどれくらいが限界かチェック。

1セット目:20秒で32回 + 10秒レスト

2セット目:20秒で…20くらい?すでに数えられない + 10秒レスト

3セット目:生まれたての子ブタのようだ。ゆっくりにしてもできない。もう脚が一歩もでない。

ということでテスト終了。

 

まずは8セットやりきれる回数とレスト時間として、

20秒で20回 + 30秒レスト でやることにしました。

 

8セットぎりぎりやり終えました。しばらく動けませんでした。その後お風呂に入るために服を脱ぐのすら困難なくらい疲弊。

これで痩せなきゃこの世界がおかしいと思いました。

プロテイン飲んで本日は終了。

 

18日目 11/3 タバタ式トレーニング2日目 目標体重+5.6kg

焼肉食べ放題に行きました。デザートも食べました。

今日も楽しく疲弊するぞー!

と意気込んでマウンテンクライマーで前日同様、
20秒で20回 + 30秒レスト で10セットやりましたが全く疲れず。
前日はマウンテンクライマー自体はじめてだったので疲れやすかったのかな。

ということで 20秒で22回 + 20レスト に変更して追加で試みましたが、しんどいけど疲れ弱るほどではないかな…あの気持ちのよい疲労困憊感は味わえず。 
レストを10秒にしてもできそう?

 

19日目 11/4 タバタ式トレーニング3・・・目標体重+5.7kg

朝のプランク60秒すらきつい。腰も痛い。
太ももと腕の付け根の筋肉痛もあって本日はお休みとしました。

 

20日目 11/5 タバタ式トレーニング4日目(3回目) 目標体重+5.4kg

この日から20秒マウンテンクライマー+10秒レストを8セットとしました。
本来のやり方ですね。
マウンテンクライマーの回数は死なない程度にできるだけ沢山、としました。
1回目は28回、2回目は23回、3回目以降20回、だったかな?

いい感じに疲れました。明日からも頑張ります。

つづく。

​ ダイエットレポート 1-16日目

​私にも「細い人」だったころがありました。
数年全く運動をしない社会人生活を経て「細くない人」になり、
いよいよ「太ってる人」になりました。
言い訳できないお腹の脂肪は服を着てても明らか。

食事制限をすれば痩せるのは分かっているのですが、
なんやかんや言い訳して食べるんです。
今の私が食事を減らして体重を落としても
学生の頃みたいに綺麗に痩せないんです。


それで筋トレで体を引き締めようと思い立ち、
毎日続けられるような軽い筋トレを始めました。


※これをしたためているのは16日目です。


1日目-13日目 10/16-10/29

・スクワット10回×2セット
 (代謝を上げるのとヒップアップが目的)

プランク30秒
 (体幹を鍛える)

普段運動を全くしないので、筋肉レベル1からのスタート。
それでも嫌にならないように、まずは1日にこれだけの筋トレを開始しました。

 

スクワット

スクワットはいろんなフォームのものがありますが、
NHKでダイエットのために紹介されていたやり方が
関節が痛くならなくて自分に合ってそうです。

筋肉の中で、太腿の筋肉が一番大きいので
これを鍛えると代謝が上がり痩せやすくなるという話で紹介されていました。

肩幅くらいに足を開き、足の向きは正面、膝が足と同じ正面を向くように腰を落としていくやり方です。
このとき膝がつま先より前に出ないようにしますが、
前かがみになりすぎないようにお腹に力を入れて上体を起こします。
膝の位置までお尻を下りたところ(空気椅子の姿勢)で
お尻に力を入れながら体を持ち上げ元の姿勢へ戻します。

 

プランク

プランクは初めは30秒でもきついですが2週間もやってると苦ではなくなってきます。


14日目 10/30〜

一向に痩せる気配がありません。筋肉痛にも全くなりません。
スクワットは回数を日ごとに増やしていき、
プランクは時間を延ばしていくことにしました。

スクワットは30日チャレンジというものが一時期話題になりましたね。
1日50回からスタートして回数を増やしていき、
休みの日を入れつつ30日目には250回するというものです。
1年ほど前にチャレンジしましたが10日目150回超えたあたりで股関節が痛くなり断念しました。
お尻や太ももの筋肉は張ってきて1日の休みでは回復しませんでしたので
今回は回数をゆるやかに増やして、最終日は165回となるように設定しました。

プランクはこの時点で30秒だと物足りなくなっていたので
30秒×3セット、翌日は40秒×3セットと増やしました。


16日目 11/1〜

筋トレに、地道にレベルを上げていく楽しさのようなものを感じ始めました。
プランク30秒で全身プルプルしていたのに余裕でできている!成長している!
プランク40秒でも余裕があったので60秒×3セットと
サイドプランクも30秒ずつするようにしました。

プランクも30日チャレンジと呼ばれるものがあって、
このプログラムでは最終日には5分もやることになっています。

やらなくても無理なのは分かるので、60秒から少しずつ増やして、
最終日は110秒やる計画でいくことにします。

プランク体幹を鍛えるもので、ダルダルの二の腕を引き締める効果はなさそう。
腕立て伏せも追加で始めようと思いましたが、生まれてこのかた10回すらまともにできた記憶がありません。
ですので、まずは机を使った腕立て伏せを数日続け、
できそうになったら机より低い椅子を使って腕立て伏せ、
最終的に床でできるようになろう、というプランで始めてみます。

最終目標は、ライザップのビフォーアフター画像みたいなのを自分の体作ることです。
だらしないビフォー写真は撮影済みです。捨て身です。

顎変形症治療[退院後生活編]

退院後の経過を記録として残しておきます。
とりあえず現在(術後3か月)までです。

 

手術1週間後

軍艦巻きみたいな顎固定バンドと、オトガイ固定テープは退院日で外してOK。
腫れと歯にかけているゴムが気になるので、マスクで隠して帰りました。
言葉は喋れますがモゴモゴしているので、気が置けない人となら話せる、という程度。

 

退院当日に矯正歯科へ直行。
この日は状態のチェックと写真撮影だけで終了。
手術のとき、上下の顎に2本ずつ、ゴムかけ用のスクリューをねじ込まれたのですが、
口の中(唇の内側)が腫れているため埋もれて使えないとのことでした。
なのでしばらく5本のゴムと上あごのマウスピースはつけたままです。

 

f:id:neergius:20171104015209j:plain

仕事は退院後1週間は自宅勤務としましたが正解でした。
見た目の問題はマスクをしていれば他人から見てもどうということはないですが、
食事に時間がかかるのが問題です。
柔らかいものを作って、冷ましながらゆっくり食べて、歯磨きして、というのを職場の昼休憩1時間でするのはこの時点では難しいです。

あと電話対応も、外部の人とはまだしたくないくらいの喋りにくさです。

後遺症で顎や歯茎にしびれがあります。これはしばらく続きます。
関係あるのかないのか、術後からなぜか片足だけ少し痺れていました。
これは3か月くらいで治まりました。

 

手術2週間後

職場復帰。
マスクをつけて過ごしました。
喋りづらいのですが、聞き取れないほどではないのでなんとかやりました。
会社での昼食は麺類やグラタンなど、奥歯で強く噛む必要がないものです。

 

退院してから食べ物がおいして仕方がありません。プリンとかアイスとか。
スナックも執念で食べていました。
入院で2kg程体重が減りましたがみるみるうちに元通りです。 

 

f:id:neergius:20171104015231j:plain

手術3週間後

再び矯正歯科へ。
少し腫れが引いたのでスクリューを使ってのゴムかけに変更しました。
補助的にワイヤーのフックも使用してがっちり固定。
その方が早く治る(?)とのことでした。

正面の歯にかかっていたゴムがなくなったので見た目も少しマシです。
マウスピースも不要となり、喋りづらさはなくなりました。

腫れは、初対面なら分からない程度まで治まってますが
先生いわく「まだ頬の厚みが1.5倍くらい」だそうです。

 

手術4週間後

歯科口腔外科の手術を担当した先生の診察がありました。
外から見るだけで一瞬で終わりました。
経過がいいので4か月後までこなくていいとのこと。

このとき、顎の付け根が痛くないか?と聞かれました。
ゴムかけが十分できていないと顎の付け根の骨に負担がかかり、
骨を修復するときに縮むのだそう。
ミリ単位で精密に噛み合わせが作られているので、
少しでもズレないように気をつけたい。

あと医師から「鼻が高いので頬の腫れが目立たなくていいね」と言われました。
コンプレックスがこんなところで役に立つとは。

 f:id:neergius:20171104015008p:plain鷲鼻なんす。

 

つづいて矯正歯科の診察がありました。
下あごのスクリューをとってもらいました。
上あごのスクリューとワイヤーのフック2本だけでゴムかけ続行です。

 

このあたりで旅行に行きました。
食事のたびにゴムを外して掛けてっていうのは面倒でした。
硬いもの以外は大抵食べられるようになっていますが、
大きく口が開けられないので、寿司とかハンバーガーとかは無理です。

見た目は、まだ腫れが残っています。
鼻がやや大きいかなというのと、頬が前方向に厚みを持っている気がします。

 

手術6週間後

矯正歯科の診察。ゴムが完全にはずれました。
「いったん外して経過を見ます。」といいながらスクリューを抜いてしまったので
ゴムかけがなくても大丈夫だろうという判断なのかな。
ゴムかけは3か月と聞いていたので、覚悟していたより早くてよかったです。

歯列矯正がまだ一部終わっていないので続行です。

しびれもだいぶ引いてきました。じっとして意識しないと感じない程度です。

 

手術3か月後

自分では腫れはほぼ引いたと思っています。
鼻の大きさが元に戻りました。

痺れはじっとしていると感じる程度ですが、確実に引いてきています。

顎を気にせずあくびができるくらい、ちゃんと口が開きます。
歌が職業の人なら、まだ十分ではないかな、というくらいです。想像ですけど。

 

現時点で

退院後大変だったのはやはりゴム掛けでした。
常に力が加わっているというのはストレスですね。
掛け外しの際も毎度痛みますし外食も億劫でした。
「あと何回やるんだろう、1日3回だから…」って考えていました。

周りから顔が変わったと言われることもあって、やってよかったと思います。
以前はカメラから逃げ回っていましたが、今では積極的に記録に残っていこうとすら思えます。
10年早くやっていれば人生変わっていたかもしれません。
変わっていないかもしれません。
なんにも考えずに生きていたかもしれません。 つづく。

顎変形症治療[入院生活編]

顎変形症の術後から退院までの話です。

f:id:neergius:20170823175851j:plain
手術内容は上記3箇所。
オトガイ形成なんて見た目だけの問題なのに顎変形症治療のついでにやってくれるなんて、そんなことってありなの、って思いますね。
術後まっさきに、外科医から「オトガイ成形も完璧です」という話があったし、
矯正歯科の先生にも退院後すぐ「Eラインが美しくなりましたね」と言われたので、
見た目というのは、業界でも重要視するポイントなんでしょう。

手術翌日

傷口から血液を排出するドレンが口から2本でていて、
その先の血液を貯めるパックをお腰につけた状態です。
(傷口は口の中なので外からは見えません。)

f:id:neergius:20171018102109j:plain

顎を支えるためのバンドは手術後からつけたまま、軍艦巻きみたいな状態です。

f:id:neergius:20171018102058j:plain



すこぶる不快です。

腫れは比較的ましだったようですが、上顎まで手術しているので
目から下の広範囲にわたって腫れました。
皮膚が張って10代の肌みたいになっていました。

f:id:neergius:20171018102054j:plain



あと術後の安静解除時から鼻血が出ます。
上顎を手術したために顔の内部に溜まった血液が排出される現象です。
うつむいた時に鼻から流れ出て、頭を低くして寝ると喉の奥に流れます。
やかんみたいに、傾けたら出るという感じです。

f:id:neergius:20170920182907j:plain

固まった血液で鼻呼吸が困難になります。
点鼻薬はもらっていましたがうつむいたり寝たりするたびに流れてきて固まります。

極めて不快です。

用もないのにうつむいて故意に出してもいいもんなんでしょうか。

普通にしてても一週間ほどで全て排出されると聞かされましたが…。

とにかくボタボタ出るので、箱ティッシュ3箱くらいあれば安心です。


術後1日目のこの日はシャワー不可です!
血液のパックがぶら下がっているので…。

至って不快です。

ゴムかけも開始です。これをやると喋れないので筆談も開始です。

ちなみに食事は三分粥、ミキサー食、豆腐、みかんの缶詰などです。

 

手術2日後

ドレンを口の中でカットしました。
傷口から管は出ていて、口の中に血液が流れ出ることになります。
(顔の中に血が溜まって腫れるのを防ぐ。)
ちなみに一度も血の味を感じることはありませんでした。
そしてついにシャワー可です!!!大喜びです。

筆談ついて

術後翌日から上の歯と下の歯それぞれについている金具に小さな輪ゴムをかけて
強制的に口を閉じているような状態です。
(私の場合は輪ゴム5本。)
これは顎の筋肉を一度剥がした後遺症により口を閉じる力が弱いのをサポートするのと、
顎の正しい位置で癖づける役目があります。

f:id:neergius:20171018102048j:plain
で、輪ゴムで強く口を閉じているし、上顎にマウスピースも入れているので、喋ることすらできません。
1日ほど筆談をしていたのですが、医師に「喋る練習をしてください」と言われました。

え?この状態でしゃべれんの?

 

言われなかったらしばらくは喋ろうとしなかったかもしれません。
すぐにリハビリ開始しました。
輪ゴムを2本かけて「あーいーうーえーおー」
4本かけて「ぁーぃーぅーぇーぉー」
5本かけて「ァ…ヒ…フ…ェ…(無理…」
といった感じで。

 

どれだけ喋ることができるかという点も、退院日の判断基準になると聞いたので頑張りました。

退院してからうまく喋れないと困るので、喋る練習をするために
看護師さんや配膳の人とも積極的にコミュニケーションをとるようにしました。
(ものすごく暇っていうのもあって。)

 

手術3日後

ドレンを口の中の傷口から引き抜きました。ヌルっと。
これがこの入院生活で最後のイベントです。
あとは回復を待つための入院です。

血液の行き場がなくなるので翌日あたりが腫れのピークだと宣告されました。
振り返っても、だいたいそんなところだったと思います。

前日までは物を凝視するというのがしんどかったのですが、
回復してきたのでずっとアニメとかテレビとか見てました。
ワンセグとノートPCがあって本当に良かった。

手術4日後

はじめておかゆ以外の主食が病院食で出ました。
うどんです!

これを食べて、かみ合わせがよくなったな、と実感しました。
下あごを意識して前に持ってこなくても、前歯の上下がぴったり合って
うどんをかみ切れるというのは初めての感覚でした。

口を閉じるときに、すべての上下の歯が同時に接触します。
こんな手術しなくても、最初から整っている人もいるんですよね。
素晴らしいことなので、何かに感謝して大切にしてください。

f:id:neergius:20170823175900j:plain
f:id:neergius:20170823175906j:plain

 

手術5日後

暇すぎます。
こんなにも暇な日々はいまだかつてあっただろうか。


朝はラジオ体操にはじまり、エレベーターを使わないで階段で病室(5階)まで上り下りするなどで体を動かす他、思いつく限り要領悪く活動していました。

もう食べ物もいろんなものが食べられるようになってます。
バナナ、やわらく煮たじゃがいも、にんじん、煮魚、五分粥など。

 

手術6日後

退院は状態を見ながら早くて本日、
遅くてこの日からさらに2日後と言われていました。

大きい病院だと、数人の医師が日替わりで診察しに来るので、
誰の判断で退院を決めるのかがはっきりしてないんですかね。
たらい回し、とまでは言いませんが
「あの先生がいいと言ったら退院していいよ」っていうやりとりが2度ありました。
「先生がいいと言ったら退院していいよってあの先生が言ってました」っていう。


どう考えても病院でも家でも変わらないので、退院したいという意思を強く訴え、
手続きをして退院にこぎつけました。


1週間での退院は短い方みたいです。
病院によっては3週間ほど必要なところもあるようです。

 

顎関節症の入院生活であったらいい物

  • コンパクトヘッド歯ブラシ(ソフトタイプ)
    顔の腫れは、外側だけでなく内側(口内)にも及びます。頬の内側と歯の間がせまくなるので、植毛部分の土台が薄く、毛が柔らかいものがおすすめです。
  • 手鏡
    ゴムかけや頤形成のテーピングの確認に必要です。
  • ゴムかけ用フック
    病院ではピンセットでやるよう指導があり、購入するよう言われましたが、
    すべるのでやりにくいです。
    フックは矯正歯科でもらえます。
    f:id:neergius:20171018102104j:plain
  • 矯正歯科用ワックス
    本来ブラケットが痛いときにちぎって使うやつです。
    唇の内側の腫れもひどかったので、ゴムかけのゴムが唇に食い込んで、
    唇がオフロードタイヤみたいになってました。
    退院後にアマゾンで購入、一本丸ごと平らにして唇と歯の間に入れて使う、っていうのをやってました。

    www.amazon.co.jp

  • ティッシュたくさん 

入院でしんどかったことはこんなところでしょうか。

深いことはなんにも考えず、調べることもせず入院に望んだので、準備不足や動揺もありました。

これから治療する人の参考になれば。人によるし医師によるし病院によるんですけど。
終わってしまえばあっという間です。

顎変形症治療 [手術入院編]

手術前日、入院

矯正治療開始から3年半で顎変形症の外科手術、入院しました。
まだ矯正は完全には終わっていないのですが、歯科口腔外科のスケジュールなどの都合で先に外科手術を行うことに。

 

f:id:neergius:20170823175106j:plain

手術前日(入院日)、精神不安定患者認定される

入院当日、「これから1週間もつまらん環境で過ごさないといけないのか」と考えてうっかり病院で泣いてしまい、
精神が不安定とのことでそのことを医師・看護婦の間で共有されてしまいました。

もともと泣き虫というのもあり、2週間も仕事を休むために直前まで大忙しだったため
精神的に疲れていたというのもあり…。

f:id:neergius:20170823175114j:plain

 

手術当日 

当日は朝から絶食です。
手術着に着替えて、コンタクトを外した状態で手術室へ向かう図です。

世界って美しいんだなって思いました。( )

f:id:neergius:20170823175207j:plain

手術

手術は全身麻酔ですので、寝てるだけで終わります。

手術は大成功で、担医師によると「通常4時間かかるところ3時間40分で済んだ!」とのことです。
早く終わるほど腫れも少なく回復も早いようです。やったね!

 

目覚めてから4時間「安静」

目が覚めたら、手術をした口腔内の傷口から出血した血液を排出するドレンが口から2本、鼻には酸素チューブ、点滴、心拍数計測機、尿道カテーテルといったあらゆる管が体に繋げられています。

f:id:neergius:20170823175122j:plain


この「安静」という、ベッドから起き上がってはいけない4時間が長くて長くて長くて長くて長くて長くて…。


ネットはできる環境でしたが、画面を見るというのがしんどくて、
必要な会話のために文字を入力する以上のことはしたくない状態です。
一人だったら、ラジオなどがあればいいかもしれません。

 

口の中に血液や唾液が溜まるのですが、口の中も腫れていてうまく飲み込めないため、
吸引機に繋いだチューブを使って都度自分で吸い出さなくてはいけません。
前日に看護師から使用方法の指導を受けるはずだったようですが、
精神不安定のため後回しにしたまま忘れ去られていました…。

 f:id:neergius:20170920182914j:plain

むずむず脚症候群発症

「下肢静止不能症候群」ともいう持病です。
読んで字のごとく下肢を静止することが不能になる呪いです。

f:id:neergius:20170920184809j:plain
※下肢静止不能症候群とは、じっとしていると脚に不快感があらわれる病態で、脚を動かしたりマッサージをしたりすると緩和される。自分は極端な運動不足が続くと発症します。


事前の麻酔科医との面談で安静時に発症するかもしれないと伝えていました。
空気の圧でマッサージするニーハイみたいなものを着けてくれるという話でしたが、
着いてませんでした。
隣のベッドの老人に装着されていました。

 

「安静」解除からの地獄

今回の手術入院の中で一番つらい時間でした。
安静の4時間が過ぎると、自分で歩いてトイレに行ってもいいのですが、
起き上がるとひどい酔いで吐いてしまいました。
麻酔による吐き気は「非喫煙者で、女性で、高齢でない」人に多いそうです。


点滴に吐き気どめが追加されます。
手術前に乗り物酔いするかどうか聞かれて「はい」と答えたのですから、
先に打っておいてくだされ…、次の手術のときはお願いしようかな。

 

つづく

 

顎変形症治療 [歯列矯正編]

顎変形症と診断されてから外科手術前まで

26歳の頃、顎変形症(がくへんけいしょう)と診断されました。
診断から手術前までを振り返ります。

 

ちょっと前歯が出気味なので引っ込めてもらいたい程度の気持ちで矯正歯科を受診したところ、
上顎に対して下顎が全体的に後ろへ下がっている「顎変形症」とのことでした。

先生からは「麺を食べるときに前歯で噛めないでしょ?」と言われました。
それが当たり前だったので自覚なしでしたがその通りでした。

 

f:id:neergius:20170823175900j:plain

 

治療の選択肢は2つ

1つ目は、顎変形症としての治療。
上下ぞれぞれの歯並びを整えてから、外科手術で下顎の骨を切って前に出す。
手術入院を要する。
病気の治療にあたるので保険適応で負担額が20〜30万円程度。

2つ目は、歯のがたつきだけを矯正。
見栄えを良くするのが目的なので自費負担で80〜90万円。

 

f:id:neergius:20170823175032j:plainこれをf:id:neergius:20170823175039j:plainこう

 

病気だったとは…とそれなりにショックでした。
小さい頃に指しゃぶりをしていたので、その影響で上顎が変形(前歯が出るようにV字の歯並びになる)、成長期に口呼吸をするようになり下顎が後退、といったところでしょうか。

f:id:neergius:20170823175048j:plain

安くて奇麗になれるなら当然その方がいいので、
仕事を休めることを確認したうえで、顎変形症治療をすることに決めました。

 

矯正歯科で治療の動画を見せてもらいました。同じようなものがYouTubeにもありましたのでリンク。

歯抜けで小顔

顎が小さく、全ての歯が奇麗に並ぶスペースがないので、
上下の親知らずと、犬歯を抜きました。

犬歯は外から見えるので、歯抜けの期間は辛かったです。
ちょうど大切な友人の結婚式があり、この顔で出席か…
とならないように時期を調節すればよかったです。

f:id:neergius:20170823175200j:plain

ただ、これだけ歯を抜くと顔が小さくなります。
数名から痩せたと言われました。
関係あるかは不明ですが滑舌が良くなったとも言われました。

下の親知らずの抜歯は痛い

現段階で一番痛かったのが親知らず(下)の抜歯でした。
抜歯後、頭を低くすると痛むためよく眠れないのが1ヶ月ほど続きました。
リクライニングベッドがあれば最高ですが、そんなものはないので
車の座席を室内に運び込み、その上に布団を乗せ、
上体を起こして寝ていました。

f:id:neergius:20170823181007j:plain

矯正は骨が溶けるので痛い

一般的に言われている歯列矯正の痛みというのは、歯を動かすときの締め付け感だと思いますが、
それはさほど気になりませんでした。

矯正治療を始めてから1年くらいの頃、下の奥歯のあたりが痛むようになりました。
しかも痛みは日に日に増していく…。

矯正治療では土台の骨を溶かしながら歯が動き、そのあと骨に轍ができます。
しばらくすると骨が轍を埋めていくのですが、修復が追いつかず、轍に唾液などが入ってしみる、というのが私が感じた痛みの原因でした。
あまりに痛むのでしばらくの間、痛みのある下奥歯の治療を中断しました。

f:id:neergius:20170823175058j:plain
※絵はイメージです

つづく