なんにもかんがえてないの。

テーマはまだない。

旧姓で実印登録をした

結婚してからも仕事関係では旧姓を使っています。
様々な場面で旧姓を使える・使えないがありましたが、
まずは実印登録について。

結論として、旧氏+名の印鑑を結婚後、姓が変わってからも登録することができました。
地域によって異なるかもしれません。
私が住んでいるのは大阪府の真ん中あたりの市です。

ウェブサイトで確認して、念のため役所に電話

旧姓印鑑の実印登録はできるが、別途手続きが必要と書いてあり、
詳細を聞くために役所に電話で問い合わせました。

すると電話口の担当者に「旧姓では実印登録できない」と断言されました。

ウェブサイトにできると載っている旨を伝えると、他の職員に確認している会話がうっすら聞こえた後、「できる」との返答がありました。

この担当者が知らなかっただけで、実印登録できないところでした。
もし私がウェブサイトで調べなかったら、ウェブサイトの記載を省略されていたら、担当者が職員に聞かなかったら…。

旧姓の利用なんてだいぶ広まっていることだと思っていたのですが、まだまだイレギュラーな事だと実感しました。

旧姓の印鑑を実印登録する手順

  1. 旧姓を証明する書類として戸籍謄本を発行
  2. 住民票に旧姓併記する手続き
  3. 印鑑登録

実際に上記の手順で登録ができました。

旧姓で印鑑登録するためには、住民票に旧姓併記をする必要があります。
藤井(旧氏 山田) 
というように表記されるようです。

その住民票に旧姓を併記するために、旧姓を証明する書類として戸籍謄本を発行する必要がありました。
たいした金額ではないのですが(450円)、その場で職員に見せるためだけの書類ですから、なんとか省略できないものかと思いました。
(手続きが終わったら持って帰ってもいいらしい。)
もう既に面倒な事になっているので、事前に電話で言われたままにやりました。

旧姓併記の注意点

住民票に旧姓を併記するにあたり、職員からやたらと注意点として念押しで確認されたことがあります。

◆旧姓を併記したが、後に削除した場合、以前併記していた姓をもう一度併記することはできない。

とのこと。とくに問題になる未来は想像していないので、登録を進めました。
というかどんな状況で問題となる?

窓口の担当職員も不慣れな様子

なんとか登録を終えましたが、職員も不慣れな様子でした。
「旧姓で印鑑登録ができることは確認してもらってますか?」と聞かれたり、
デスクから探し出してきた虎の巻らしき手書きのメモで、フロー等を確認しながら対応してくれたり。

ついでにマイナンバーカードにも併記

住民票併記の流れでついでにやってもらいました。
私は元々結婚前にマイナンバーカードを作っていたので、
カードの氏名は旧姓で、備考欄に新氏+結婚した日が書かれています。
(これが結構気に入っています。有効期限があるのが惜しい…。)
これにさらに 修正 旧氏「〇〇」記載 今日の日付 と追記されました。

カードを作り直した場合、
ちゃんと左上の氏名のところに 姓[旧姓] 名 が書かれるようです。
常に旧姓がついてくるので、氏名の部分だけで個人情報量が増すな…とは思います。

ちなみにマイナンバーカードの旧姓併記は、2019年11月にはじまったばかりです。
役所にもでかでかとポスターが貼られていましたので、旧姓表記の需要があると思ってやっているんだろうけど、実績は少ないのかな?どうなんでしょう。

旧姓での印鑑登録の理由

これを職員に聞かれました。
聞いてどうするのかは不明です。
どこかにフィードバックするだけなのか、メモに走り書きされてました。

理由は「自営業で旧姓で活動する為」と答えました。

デザイナーですので、過去のコンペ受賞など、旧姓での実績を切り離したくないというのがあります。
また自営業は人脈が重要で、覚えやすく忘れづらい名前も重要な要素のひとつです。
珍しい姓ではないのですが、私の住む地域では特に人数が少なく、同じ姓の人に直接会ったことがない程度の姓でちょうど良いなと。

旧姓で登録できなかった例

さて、今回印鑑登録は旧姓登録できましたが、いろいろとできなかった例もあります。

  • 還付金受取口座の氏名
  • 旧姓名義の銀行口座に紐づくクレジットカードの作成
  • ランサーズの本人確認 (併記書類を提出してもダメ)

そもそも主な身分証明証である運転免許証が新姓なので、それと合致していないとダメなのは当然でしょうけど、2019年12月から併記できるようになりましたね。
それで何かが変わるのでしょうか。

以下は申請中 (5週間経ったが返事が来ない。だめか…)

  • 国民年金保険料の支払いを旧姓名義のクレジットカードで納める 

余談 デザイン印鑑で実印登録

全くの余談です。
実印といえば篆書体が多いですが、
※篆書体(てんしょたい)とはあのうねうねした読めない文字です。
オリジナルの書体で作成した印鑑で登録しました。

直線と円弧だけでグラフィカルに漢字をデザインしてみた…最近一部界隈で流行っているような、そうでもないような感じのやつです。
それを自分でデータ作成し、印鑑屋に作ってもらったのですが、
その手の印鑑屋は、文字デザインから請け負う業者を含め基本的に実印登録は保証していないんですよね。役所に確認してくれと書いてある。
(篆書体でやっているようなところは、登録できなければ作り直してくれるスタンスのところが多い印象。)

なのでチャラついた印鑑で登録できんのかなぁ、と思いながら提出しましたが、できました。一応「この部分が姓で、ここが名ですか?」との確認はありましが。

めでたし。

Adobe PortfolioにAdobeフォントを追加できないエラーの対処

Adobe Portfolioとは、Adobe CCにも含まれている、Web上で感覚的にポートフォリオページを作成できる有料サービスです。

 

標準フォント以外にも、Adobe Fontsから選んだフォントを追加する機能があるのですが、エラーが出て、できません。

これの対処方法を、少々面倒ではありますが見つけましたので共有します。

 

まず現状…

f:id:neergius:20200524163349p:plain
↑編集画面のサイドバーからフォントを選択するところです。

ADOBE FONTSのところにも最初から1つだけ入っていますが、
「+フォントを追加」でさらに追加できそうに見えますね。

 

f:id:neergius:20200524163600p:plain
ここからページの挙動が激重になります。
フォント名を入力するまでに1分以上かかりました。
そしてやっとの思いで入力し、検索マークをクリック、目当てのフォントがあるので、ぬか喜びしたことでしょう。

 

f:id:neergius:20200524163819p:plain
ところが右上に「問題が発生しました。ページを更新する必要があります。」と。
これをクリックすると振り出しに戻ってまた1分待機させられます。
が、これは何度やってもダメだし、ブラウザを変えてもOSを変えても同じでした。

 

皆さん同じ問題を抱えているようで、ADOBEサポートコミュニティーでも2018年に議題に上がっています。

Solved: Adobe Portfolio でタイプキット でフォントを指定しようとすると、エラーが出てフォント... - Adobe Support Community - 10078209

f:id:neergius:20200524164246p:plain
ADOBEからは「修正が検討されています」とコメントがありますが2020年5月現在、修正されていません。

 

対処方法

そこで、色々と試して見たところ、地域を英語圏にすると、Adobe Fontsを追加できました。方法は以下の通り。

 

f:id:neergius:20200524163954p:plain
1. 編集画面の「設定」→「アカウントと地域」→「地域を変更」

 

f:id:neergius:20200524164527p:plain
2. 「Canada-English」を選択。
※他の地域でもいけるかも?中国はダメでしたが、その他は確認していません。

 

f:id:neergius:20200524164739p:plain
3. 元の編集画面に戻ると英語表示になっていますが、先と同様にフォントを変更するメニューを表示させる。

 

f:id:neergius:20200524164907p:plain
4. フォントを検索して、目当てのフォントをクリックした後の画面です。
+Add Fontを押してDone.

 

f:id:neergius:20200524165043p:plain
5. 元の編集画面からちゃんと選べるようになっています!

 一度追加してしまえば、あとはSettingsから地域を「日本」に戻しても、追加したフォントを選ぶことができます。

ちなみに日本語フォントは選択できませんでした。検索しても出てきません。

 

以上。
対処方法を発見したものの、Adobe Portfolioのカスタマイズ性に満足せず、結局使いませんでしたが…誰かのお役に立てれば。

ランニングで1ヶ月1kg痩せるか?

ランニングで痩せようと決心したときに、
どれくらい走れば目標体重まで痩せられるのか計算してみたので、
計算と実際の結果を書きます。

 

体重50kgの人が144km走ると1kg痩せる

消費カロリーは、体重(kg) × 走った距離(km)
で求められます。(と「世界一やせる走り方」にも書いてありました。有名な公式っぽいです。)

そして、7200kcal消費すると、1kgの体脂肪を落とせます。

なので、
体重50kgの人が1kg痩せるには、
7200(kcal) = 50(kg) × 走った距離(km)の計算により、
144km走る必要がある
ということになります。

(ダイエットを開始する時点では50kgより重かったのですが、
余裕を持った目安として計算しました。) 


ランニングだけで、1ヶ月に1kg痩せようとすると、
週に36km、(めっちゃ走らなあかんな…)
週2回に分けて走るなら1回18km、(継続するなら週2回が現実的かな)
週3回走るなら1回12km(頑張れば週3回もなんとか) ということになり、
働いている日にも10km以上走るプランは、初心者には現実的ではなさそう。

私の場合、1回8kmくらいの距離なら、
週3回のランを1ヶ月ほど続けると走れるようになったので、
体重50kg × 走る距離8km = 400kcal をラン1回のカロリー消費量として計算し直し、
1ヶ月(12回)で4800kcal消費が、ダイエットのために重い腰を上げて走るようなラン初心者にとっては、現実的な数字な気がします。

・・・。

書くだけなら簡単ですね。

 

ランニングで1ヶ月で1kg痩せるプラン

さて、本当にやる気がある人向けのプランです。
平日の夜、仕事の後、しかも夕食後の遅い時間に走るなら長い時間はとれないので、
1回に5kmしか走れなくても、
体重50kg × 走る距離5km = 250kcal
を毎日走ると1ヶ月(28回)で7000kcalです。
毎日は無理でも、週6で走れば1ヶ月(24回)で6000kcalです。


Garmin心拍計によると、
大会で1時間切る程度のスピードで10km走ったり、練習でも坂道コースだと
大抵は600kcalくらい消費しているようなので
普段から本気で走れば5kmで300kcalもコースによっては可能なようです。
これなら、ペース6(min/km)の初心者ランナーでも、
1日30分、300kcal×週6(24回)で7200kcal、つまり1ヶ月1kg減ですね!

 

f:id:neergius:20200309163506p:plain
f:id:neergius:20200309163500p:plain
f:id:neergius:20200309163510p:plain

↑参考に10kmで600kcal消費した記録。左から、
1.坂道の多いコースの大会前練習 (平均心拍173bpm、最大190bpmくらい)。
2.坂道の多いコースの大会 (平均心拍180bpm、最大196bpmくらい)。
3.やや坂のあるコースの大会 (平均心拍185bpm、最大198bpmくらい)。 
どれも走っていて気持ちいいというより、まあまあキツイ。
平地のみだと大会で頑張っても600kcal消費しないので損した気分になる


 

結論は、
体重50kgが週6で坂道コース5km走ると
1ヶ月で1kg痩せる。

 

はい、無理なので食事制限もしましょう。

日本食品標準成分表によると、
白米のカロリーは100gあたり168kcalだそうです。
お茶碗に小盛りで100gくらい。
元々、昼夜100gずつ食べている人なら、
白米をやめるだけで1日336kcalもカロリー摂取量を減らせるということに?
336kcal × 28日 = 9408kcal なので、これだけで1kg痩せそう。

 

実績

私は基本的に白米と間食禁止+ランニングで、1ヶ月で2kg減 × 3ヶ月、
合計6kg減量できました。

実際は、ランニングでは1ヶ月に7200kcalも消費しておらず、以下のとおりです。

---
1ヶ月目 平均体重54kgくらい 走行距離67km 消費カロリー4000kcal 
2ヶ月目 平均体重52kgくらい 走行距離77km 消費カロリー4200kcal 
3ヶ月目 平均体重50kgくらい 走行距離43km 消費カロリー2300kcal 

f:id:neergius:20200309163125j:plain
f:id:neergius:20200309163116j:plain
f:id:neergius:20200309163135j:plain

(画面はTATTA。 走ってないなぁー…。)

---

女性の場合、長期間のダイエットをするなら、食事制限だけだと月経前の食欲増加とむくみによって1kg減すら難しい気がします。

私の場合は食事制限がメインで、ランニングによって食欲を抑え、むくみを取り、多少の脂肪燃焼ができた程度でしょうか。

ちなみに、これで6kg痩せても引き締まってはいないですね。
残念ながら、体重を落とすだけでは太る前の体には戻らないようです。

以上、なんにも考えずに出来なりで3ヶ月走って、振り返った結果でした。
目的がダイエットだけの忙しい人なら「30分で何カロリー消費するか」を気にしながら走ると効率的かもしれません。

ハーフマラソン目指してハンガーノックに陥る豚

ランニングをはじめてから1年経ちました。

約1年前に「ランニング楽しい!半年でハーフ目指す!」などと
勇んでおきながら、左足首を故障。

関節疲労をおこして2ヶ月ほど足関節動揺制限バンドとやらで固定し、
春になり夏になり気温が上がるとやる気をなくし、
ちゃんと再開したのは秋になってからでした。

21km完走を目指して練習

ランイベントで10kmの種目に継続的に出てて、
大抵は60分を切れるようになったので次は21km完走を目指そうと、
自宅から11km地点で折り返すルートを練習コースとして設定して走ってみましたが、
見事ハンガーノックを起こし、自分の脚で帰宅できない事態に陥りました。

元々ダイエットを目的としているので、普段は糖質を控えているし、
当日も走る前に意識的に摂取していなかったうえ、当日は手ぶら。

普段は10~11kmで練習しているので、
やはりそれを超えると脚の疲れでペースが落ちてきます。
13kmくらいで疲れを感じ出し、
17kmくらいで継続して走れなくなり、
20kmからは半分歩き、
21kmで「脚を出せ!」という指令が脚に届かない感じです。

脚が異様に疲れたなと思っていたけど、スマホの操作もやっとのことだったし、
帰宅してブドウ糖を摂取してからは動けたので、
低血糖だったのかなと。

 

大会では、練習で走っている距離よりも長い距離を完走できる、
なんて話はよく聞きますが、気合の問題でもないので、
誰にも当てはまることではないようです。

今回とりあえず、なんにもかんがえずにハーフマラソンの距離を
走り出してしまいましたが、
今後は長距離走での補給が課題になりそうです。

ランニングだけはないと思っていた、走る豚によるMiBandレビュー

リーズナブルな心拍計、シャオミのMiBand3を買ったのでレビュー。

必要アプリ

iPhone8でペアリングして使っています。(2019年2月現在)

1. Mi Fit 

Mi Fit

Mi Fit

  • Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 心拍数や距離、時間をウォッチに表示させるために必要なアプリです。

f:id:neergius:20190205233025j:plainf:id:neergius:20190205233018j:plain
↑MiFitワークアウト時の表示

それなりに不安定

走っている途中でアプリとの接続が切れ、
ウォッチに表示されなくなることが5回に1回くらい起こっています。
アプリが落ちてしまうようで、再起動したところからの計測となってしまいます。

iPhone側の問題なのか?わかりません。

このアプリと後述するMi HRだけでも一応、
上記の不具合がなければ機能としては成立します。

最大心拍数通知が便利

ペース通知(設定ペースを下回るとお知らせ)や、
最大心拍数通知(設定心拍数を超えるとお知らせ)の機能も便利。
当初の目的では、この心拍数を超えて頑張ってもダイエット的には効果が薄い、
ということを知らせるために心拍計を購入しました。

f:id:neergius:20190205233548j:plain

MiFitは日本語設定にしたときの音声アナウンスがイマイチです。
「マイハートレイトイズワンハンドレッドアンドセブンティファイブ」と、
英語をカタカナにしたものを息継ぎなしで読み上げたような音声で、
聞き取りづらいです。音声はOFFにできます。

f:id:neergius:20190205234133j:plain←ログはこのように記録されます。一番上はMAPです。

2. Mi HR (Mi Heart Rate. )

Mi Heart rate - be fit

Mi Heart rate - be fit

  • Hubert Wilczynski
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 Mi Fitだけでは10秒に一度しか心拍数を計測しません。
それをリアルタイムで計測させるアプリです。

サードパーティ製っぽい?

アプリ自体は無料ですが、10分以上継続して使おうとすると360円かかります。
仕方がないので課金しました。

f:id:neergius:20190205235116p:plain
起動させて中央のTap to measureを押すと、
MiBandがリアルタイムで心拍を測定し続けるモードになるので、
これを動かしつつMiFitも稼働させなければなりません。

3. お好みの対応記録アプリ

私はRunkeeperを使っています。(iPhone8)

AmazonのMiBandページの回答には、Runkeeperとは接続できないとの記述がありましたが、現在は接続できます。

f:id:neergius:20190206000057j:plain
↑心拍数モニターとしてペアリングできています。

MiFitとMiBandの接続が切れても、
Runkeeperとは正常に接続されているようで、記録はちゃんと録れています。

Runkeeperはそこそこ聞き取りやすい日本語で
時間、距離、ペース、そして心拍数などを読み上げてくれます。

 

STRAVAも対応しているようです。(iPhone8)

f:id:neergius:20190206000229j:plain
↑STRAVAアプリ内、記録>設定>外部センサーのところで
接続されているのが確認できます。

TATTAは…

TATTAは2019年2月現在、心拍数を記録する機能自体がiPhone版にはありません。
Android版に心拍数記録がついたのもごく最近らしいので、
今後使えるようになるかも。

 

安いしとりあえず、深く考えずに買ったMiBand、
不満はありながらも大活躍です。

ランニングだけはないと思っていたのに走り出す豚 ​

社会人になってからコツコツ蓄えてきた脂肪を減らすべく、
何度かダイエットに挑戦して、体重が減ったり減らなかったりしてきました。

一番成功に近かったのは、おやつを完全にやめることでしたが、
やっぱり食べたくなるし、目標体重まで落としてもおやつを食べたら戻る。

そんな当たり前なのに誤ったダイエットを繰り返してきたんですよね、人類は!いや、豚は!

 

摂取カロリーより消費カロリーが少ないと太る、
などという正論鈍器のような言葉は聞きたくないのですが、
そんなことを言っているうちに、いよちよ許せない体重まで肥えてしまいました。

 

きちんと脂肪を燃焼させて、筋肉をつけて痩せやすく太りにくい身体にしなければ!
と考えているときに見つけたのが、ダイエットを目的としたランニングの本。

世界一やせる走り方
世界一やせる走り方
 

※↑クリックして購入しても私にお金が入るやつではないです。
AV男優みたいな名前の人が書いた本ですが、とにかくやる気を削がないよう、
運動嫌いでも続けられるよう、
非常に気を使って書かれたのが文章から伝わってきます。

 

全編に渡り、無理せず続けるという点に重きを置いているようです。

もちろん、効率よく、辛くなく痩せるための心拍数や、
体温、食事、筋トレなどのノウハウも書かれています。

ですが、それぞれの知識だけでは続けようという気持ちにはなれないので、
現時点で私がランニングを続けられているのは、
著者の熱い思いのおかげかなと思います。

 

きっかけは本ですが、私がやってみて重要だと思ったポイントを3つ挙げます。

 

POINT 1 心拍計を使う

 

心拍計は中国メーカーXiaomiのMi Bandを買いました。

脂肪燃焼に適した心拍数の幅というのがあって、
その範囲を超えると、しんどい上に筋肉が削られるので、
ダイエットには向かないという話があります。

走りながら心拍数が分かればなんでもいいので、とりあえず安くて、ウォッチ型のものを購入。
使ってみたところ、可もなく、(安いので)不可もなくという感じ。
そのうちレビュー書こうかな。

 

POINT 2 ランニングシューズを買う

 

シューズは超重要です。
ファッションスニーカーからランニングシューズに変えて、走れる距離が大幅に伸びました。

 

オニツカタイガーが好きなのでなんとなくasicsのお店で試着。

初心者向けはKAYANOとNINMBUSという2シリーズがあって、
4往復くらい入念に履き比べてNIMBUSに決めました。

初めて選ぶときは店員さんに見てもらうと良いです。

特に自分では分からなかったと思うのはサイズで、
普段の靴より1.5cmも大きいものが合っているようでした。

あと脚は左右で同じではないのですが、靴紐の結び方での調節も教えてくれます。

阿倍野のアシックスの店員さんがすごく親身になってくれたのですが、
買った2週間後に閉店しました…。

 

とりあえず、とりあえずですね、
心拍計によって消費カロリーが目に見えて、
無駄な疲れを減らすためのシューズを買ってしまえば、
なんとなくでも続けられるだろうと思ってこの2点にはお金を出しました。

 

POINT 3 嫌にならない程度に走る

 

1回目~3回目

1日30分くらいでも、継続できたらいいかなと思って、
最初の3回は3km30分くらいのスローペース。
しかも、しんどくなるかも、と思ったら無理せず歩くようにしました。
それでも帰宅後シャンプーするのもダルいくらいに腕まで疲れました。

 

4回目

ここで先に述べたランニングシューズを購入。
40分で5km走れるようになりました。
膝など関節が痛くなるのではないか、という恐怖心からの解放。
身体ができていないのは、日頃の運動不足から分かっているので気をつけながらも、
シューズのおかげで安心して走れる。
心拍計も手に入れて、ウォッチの数字が動くのを見ながら楽しく走りました。

 

6回目

50分で7km走った。

現時点で走れる限界は45分間かな…と少し遠回りしたことを後悔しながら、
最後の5分間は足を引きずるようにして走りました。

 

7回目

1時間で8km走れた!

これは私が高校生の頃、授業で嫌々ながら走った距離と同じなのに、今は自主的に走っている!
しかもこの回、走りはじめてからたったの9日目!高校は10年以上も昔。
本当に嬉しくて、これがきっかけで走ることに火がつきました。

 

さて、ここまでで9日間で7回走りました。

この習慣をはじめる前にNHKの筋肉体操が話題になっていて、
ムキムキの男を眺めながら楽しくスクワットしていたのが
走ることの助けになっているような気もします。

ちなみにこの時点で、むくみが取れた程度で痩せていません。

 

ちょっと考えてちょっと行動すれば変われるかもしれないのに、
今までなんにも考えてなかったのだなぁと思いましたね。

 

次回、「ランニングだけはないと思っていたのにハーフマラソン目指す豚」
お楽しみに!

噛み合わせの治療

現在まだリテーナーによる保定期間中で、主に虫歯の治療を細々とやってもらっています。

保定期間中はまだ歯の位置が確定していないため、仮の詰め物なのですが、
この日は現状できる範囲での噛み合わせ調整をしてもらいました。

調整前は、ゆっくりと顎を閉じていったときに、最初に当たるのが左の奥歯同士でした。
奥歯の銀歯を少し削り、そうすると別の場所が当たるためそこを少し削り、
また別の場所が最初に当たるので削り…という繊細な調整を繰り返し、
最終的に左右同じように噛め、かつその後力を入れて噛んだときにその位置からズレないところで、今できる調整は完了としてもらいました。

先生曰く「今日は車でに例えるとアライメント調節をしました」とのことです。

体験したことがないと伝わりづらいかもしれませんが、
調整前、軽く閉じたときと、そこからぐっと噛み込んだときとで、少し顎の位置がズレましたが、
そのズレがほとんどなくなり、神テクだなぁ、と感動しました。

 

この歯医者さんは、矯正歯科医に紹介してもらった先生で、名医だと思います。
矯正歯科の先生が指名した歯科口腔外科の先生もすばらしく、安心して任せられました。
矯正歯科の先生も業界で評価が高いと、ぞれぞれの先生から聞いています。
そもそも矯正歯科を紹介してくれたのは、街の歯医者さんで、その歯医者さんはバイト先の飲み屋の常連でした。

矯正は昔に一度失敗しているのですが、歯列矯正で一番難しいのはほぼ矯正歯科選び、
あとは先生の言うことを守って、ちゃんと歯磨きするだけ!と思います。
プロフェッショナルたちがみんなで私の歯を治そうとしている…と思うと、お金も時間もかかっていますが、頑張って完璧な噛み合わせの歯を作ろうと思えます!
(金~~~!つらい~~~!)