なんにもかんがえてないの。

テーマはまだない。

顎変形症治療[退院後生活編]

退院後の経過を記録として残しておきます。
とりあえず現在(術後3か月)までです。

 

手術1週間後

軍艦巻きみたいな顎固定バンドと、オトガイ固定テープは退院日で外してOK。
腫れと歯にかけているゴムが気になるので、マスクで隠して帰りました。
言葉は喋れますがモゴモゴしているので、気が置けない人となら話せる、という程度。

 

退院当日に矯正歯科へ直行。
この日は状態のチェックと写真撮影だけで終了。
手術のとき、上下の顎に2本ずつ、ゴムかけ用のスクリューをねじ込まれたのですが、
口の中(唇の内側)が腫れているため埋もれて使えないとのことでした。
なのでしばらく5本のゴムと上あごのマウスピースはつけたままです。

 

f:id:neergius:20171104015209j:plain

仕事は退院後1週間は自宅勤務としましたが正解でした。
見た目の問題はマスクをしていれば他人から見てもどうということはないですが、
食事に時間がかかるのが問題です。
柔らかいものを作って、冷ましながらゆっくり食べて、歯磨きして、というのを職場の昼休憩1時間でするのはこの時点では難しいです。

あと電話対応も、外部の人とはまだしたくないくらいの喋りにくさです。

後遺症で顎や歯茎にしびれがあります。これはしばらく続きます。
関係あるのかないのか、術後からなぜか片足だけ少し痺れていました。
これは3か月くらいで治まりました。

 

手術2週間後

職場復帰。
マスクをつけて過ごしました。
喋りづらいのですが、聞き取れないほどではないのでなんとかやりました。
会社での昼食は麺類やグラタンなど、奥歯で強く噛む必要がないものです。

 

退院してから食べ物がおいして仕方がありません。プリンとかアイスとか。
スナックも執念で食べていました。
入院で2kg程体重が減りましたがみるみるうちに元通りです。 

 

f:id:neergius:20171104015231j:plain

手術3週間後

再び矯正歯科へ。
少し腫れが引いたのでスクリューを使ってのゴムかけに変更しました。
補助的にワイヤーのフックも使用してがっちり固定。
その方が早く治る(?)とのことでした。

正面の歯にかかっていたゴムがなくなったので見た目も少しマシです。
マウスピースも不要となり、喋りづらさはなくなりました。

腫れは、初対面なら分からない程度まで治まってますが
先生いわく「まだ頬の厚みが1.5倍くらい」だそうです。

 

手術4週間後

歯科口腔外科の手術を担当した先生の診察がありました。
外から見るだけで一瞬で終わりました。
経過がいいので4か月後までこなくていいとのこと。

このとき、顎の付け根が痛くないか?と聞かれました。
ゴムかけが十分できていないと顎の付け根の骨に負担がかかり、
骨を修復するときに縮むのだそう。
ミリ単位で精密に噛み合わせが作られているので、
少しでもズレないように気をつけたい。

あと医師から「鼻が高いので頬の腫れが目立たなくていいね」と言われました。
コンプレックスがこんなところで役に立つとは。

 f:id:neergius:20171104015008p:plain鷲鼻なんす。

 

つづいて矯正歯科の診察がありました。
下あごのスクリューをとってもらいました。
上あごのスクリューとワイヤーのフック2本だけでゴムかけ続行です。

 

このあたりで旅行に行きました。
食事のたびにゴムを外して掛けてっていうのは面倒でした。
硬いもの以外は大抵食べられるようになっていますが、
大きく口が開けられないので、寿司とかハンバーガーとかは無理です。

見た目は、まだ腫れが残っています。
鼻がやや大きいかなというのと、頬が前方向に厚みを持っている気がします。

 

手術6週間後

矯正歯科の診察。ゴムが完全にはずれました。
「いったん外して経過を見ます。」といいながらスクリューを抜いてしまったので
ゴムかけがなくても大丈夫だろうという判断なのかな。
ゴムかけは3か月と聞いていたので、覚悟していたより早くてよかったです。

歯列矯正がまだ一部終わっていないので続行です。

しびれもだいぶ引いてきました。じっとして意識しないと感じない程度です。

 

手術3か月後

自分では腫れはほぼ引いたと思っています。
鼻の大きさが元に戻りました。

痺れはじっとしていると感じる程度ですが、確実に引いてきています。

顎を気にせずあくびができるくらい、ちゃんと口が開きます。
歌が職業の人なら、まだ十分ではないかな、というくらいです。想像ですけど。

 

現時点で

退院後大変だったのはやはりゴム掛けでした。
常に力が加わっているというのはストレスですね。
掛け外しの際も毎度痛みますし外食も億劫でした。
「あと何回やるんだろう、1日3回だから…」って考えていました。

周りから顔が変わったと言われることもあって、やってよかったと思います。
以前はカメラから逃げ回っていましたが、今では積極的に記録に残っていこうとすら思えます。
10年早くやっていれば人生変わっていたかもしれません。
変わっていないかもしれません。
なんにも考えずに生きていたかもしれません。 つづく。